活力あふれる貝塚市を支えるキーパーソン
願うのは子供たちの明るい未来

2022.2.26

第12回目の対談ゲストは、貝塚市議会議員の出原秀昭さん。
出原秀昭さん(以後、出原さんと記す)は1971年1月10日生まれで現在、51歳。
貝塚市で生まれ育ち、医療の道へ進む。公立忠岡病院、市立貝塚病院リハビリテーション科にて地域医療に24年間奉職した後、とある事がキッカケで大阪府議会議員秘書を務め、2019年4月に貝塚市議会議員選挙で初当選を果たし、現在に至る。
吉本との出会いは2018年頃。市議会選挙に向けて「二色浜」駅(南海電鉄南海本線)にてあいさつ運動をしていた出原さんの姿を頻繁に見掛けていた吉本が、Facebookのメッセンジャーで話しかけたことがキッカケである。「駅で見掛けましたよ」とメッセージを貰ったのは吉本が初めてだったと云う。そこから二人は駅前で挨拶や言葉を交わすようになり、今回の対談に至った。
出原さんは、「二色浜」駅以外にも「和泉橋本」や「東貝塚」、「貝塚」(2ヶ所の出入口と水間鉄道線の出入口)、「水間観音」と7ヶ所に4年間立ち続けている。

夕方や夜では無く、朝に地元の皆さんに挨拶するのが清々しく気持ちが良い

と出原さんは話す。「お気をつけて行ってらっしゃいませ」、「お元気で行ってらっしゃいませ」という声掛けをし、挨拶を返してくれることに感謝しているとのこと。
朝6時30分から8時過ぎまでの約1時間半、季節や天候問わずにあいさつ運動を行っているというのだから驚きだ。
出原さんは大阪維新の会に所属していたが、2021年8月に離党届を提出。無所属議員として活動している。これには維新の会への恩義や忖度があり、一言二言では語り尽くせない背景があるが本対談記事では割愛する。

ターニングポイント

出原さんの人生で1つ目のターニングポイントは、医療の道へ進んだことである。出原さんが幼少期の頃から母親が病弱であったことと徳田虎雄氏の著書「命だけは平等だ」に出会ったことで医療の大事さを痛感したと云う。
2つ目のターニングポイントは2015年。葛城山の麓にある青少年自然の家の前の山にソーラーパネル設置に伴う土砂埋め立て計画が浮上した時のことである。貝塚市には葛城山の秋山川を源流とする近木川が流れており、貝塚市の約6割が近木川流域で農作物の殆どは近木川の水で育っている。前述の土砂埋め立て計画は、驚くことに熱海市の土石流の原因となった盛り土の3倍近くの14万㎥(25mプール約260個分)の計画で埋め立て盛り土をするというものであり、住民代表だった出原さんの叔父と共に反対運動、署名活動を行い、約26,400筆集めて大阪府の条例をも変えて土砂埋め立て計画を止めたという功績を残したことで政治の道を志すようになった。

過去の失敗

「市会議員に当選した際に掲げた抱負だ」と出原さんは話す。
「市民の負託を受けて市政に取り組む覚悟を示す。身を切る改革の実行」をスローガンに、①議員報酬10%カット。②議員定数3議席削減。を公言したが、実際は議員報酬は未だに5%削減に留まっているのが現状で、議員定数も1議席の削減しか叶わなかったと云う。この他にも「福祉サービスのAI化促進」という抱負を掲げている。出原さんは貝塚市の中でも停留所や駅まで行くには距離が長く交通の便が悪い地域の高齢者のために自宅から目的地までのオンデマンドタクシーを走らせたいという想いがある。

地域のためにまだまだ達成できていないので失敗なんです

と出原さんはコメントしているが、筆者からしてみれば地域活性化、市民のために必死に活動している過程にあるのであって、失敗とは一切思えない。

今後の展望

出原さんは開口一番に、

将来、子どもたちが住みやすい貝塚市にするためには格差社会の是正を行う。

と話す。

教育格差や医療格差、資産格差、情報格差が問題となっている昨今、いかに解消していけるかを今後の政治家生活に充てていくと断言している。特に医療の世界に四半世紀身を置いてきたことを活かし、医療格差から力を入れていくようである。

無所属だから出来ることもある。

こう話す出原さんの目は一点の曇りも無く、真っ直ぐ前だけを見ている。
このような熱い志を持った政治家は他の市区町村にも居るかもしれないが、それを実行していくだけのパワーを秘めている出原さんのような人はなかなか存在しないと思う。
たった1人の力では今までの惰性を打ち破ることは困難だが、その1人を我々市民が支持することで改革に繋がるのだと確信できる対談であった。

いずはら(出原)秀昭 公式サイト/貝塚市議会議員
https://www.izuharahideaki.com/

https://www.facebook.com/hideaki.izuhara.14

MORE INTERVIEW

  1. 黒川洋司【くろかわ ようじ】

    黒川洋司【くろかわ ようじ】

    2020.5.28第三回目の対談ゲストは、株式会社良心塾の代表取締役、黒川洋司さん。黒川洋司さん(以降、黒川社長と記す)は大阪市…

    黒川洋司【くろかわ ようじ】
  2. 高橋勇生【たかはし ゆうき】

    高橋勇生【たかはし ゆうき】

    2020.7.17第5回目の対談ゲストは、似顔絵株式会社の代表取締役、高橋勇生(ゆうき)さん。高橋勇生さん(以降、高橋社長と記す)が…

    高橋勇生【たかはし ゆうき】
  3. 望野和美【もちの かずみ】

    望野和美【もちの かずみ】

    2020.7.8第4回目の対談ゲストは広告業界42年。ウェブ時代の消費者行動モデルAISCEAS(アイセアス)の提唱者、望野和美さん(以…

    望野和美【もちの かずみ】
  4. 高山良二【たかやま りょうじ】

    高山良二【たかやま りょうじ】

    2021.11.24第9回目の対談ゲストは、NPO法人国際地雷処理 ・ 地域復興支援の会の代表、高山良二さん(以降、高山氏と記す)。…

    高山良二【たかやま りょうじ】
  5. 出原秀昭【いずはら ひであき】

    出原秀昭【いずはら ひであき】

    2022.2.26第12回目の対談ゲストは、貝塚市議会議員の出原秀昭さん。出原秀昭さん(以後、出原さんと記す)は1971年1月1…

    出原秀昭【いずはら ひであき】
  6. 泉栄子【いずみ えいこ】

    泉栄子【いずみ えいこ】

    2019.12.28第一回目の対談ゲストは、開脚の女王Eikoこと泉栄子さん。開脚の女王とも呼ばれる栄子さんは、エアロビクスのインストラ…

    泉栄子【いずみ えいこ】
  7. 田野雅樹【たのまさき】

    田野雅樹【たのまさき】

    2020.9.23第7回目の対談ゲストは、株式会社保研オフィスの代表取締役、田野雅樹さん。㈱保研オフィスは南大阪エリアにおける来店型…

    田野雅樹【たのまさき】
  8. 原 玲奈【はら れな】

    原 玲奈【はら れな】

    2020.9.4第6回目の対談ゲストは、イスラエルの良さを日本に伝える活動を行っている原玲奈さん。原玲奈さん(以後、原さんと記す)と…

    原 玲奈【はら れな】
  9. 長尾一洋【ながお かずひろ】

    長尾一洋【ながお かずひろ】

    2021.12.14第10回目の対談ゲストは、株式会社NIコンサルティングの代表取締役、長尾一洋さん。㈱NIコンサルティング(以降、…

    長尾一洋【ながお かずひろ】
  10. 白鳥美子【しらとり よしこ】

    白鳥美子【しらとり よしこ】

    2021.12.14第11回目の対談ゲストは、フリーランスのライター。構成作家として活躍する白鳥美子さん(以降、白鳥氏と記す)。主婦…

    白鳥美子【しらとり よしこ】
  11. 中村公一【なかむらこういち】

    中村公一【なかむらこういち】

    2021.3.17第8回目の対談ゲストは、GLOBAL SUPPORT LIMITEDの代表取締役、中村公一さん(以降、中村氏と記す)。…

    中村公一【なかむらこういち】
  12. 井上正人【いのうえ まさと】

    井上正人【いのうえ まさと】

    2020.4.7第二回目の対談ゲストは、夕陽ヶ丘法律事務所代表の井上正人さん。大阪市天王寺区上本町に事務所を構え、交通事故、相続…

    井上正人【いのうえ まさと】
PAGE TOP