クライアントになり得る会社は日本にまだまだある。
前向き思考は成功への近道。

2021.12.14
第10回目の対談ゲストは、株式会社NIコンサルティングの代表取締役、長尾一洋さん。
㈱NIコンサルティング(以降、同社と記す)は、経営コンサルティング事業、教育研修事業、M&A事業の3本柱であらゆる企業をサポートしている。東京都港区に本社を置き、北海道から九州まで全国規模で拠点を構えている。
長尾社長と吉本の出会いは同社が販売している営業支援ツール、SFA(Sales Force Assistant)のセミナーに吉本が参加した事がキッカケとなる。そのセミナーで吉本は長尾社長に一目惚れ。2回連続でセミナーに参加したほどである。

長尾社長は1965年に広島市に生まれ、横浜の大学に進学するまでは広島で過ごした。大学卒業後は経営コンサルティング会社に入社。そこで中小企業の厳しい経営環境を目の当たりにした長尾社長は、独立して低コストで経営支援を行うことを決意する。
1991年(平成3年)3月に㈱リンクスジャパン(現、㈱NIコンサルティング)を設立。事務所は広島市内のマンション1室のうち1部屋を間借りするところからのスタートだった。1998年(平成10年)には自社開発のコンサルティングパッケージソフト「顧客創造日報」を発売。手書きの日報が当たり前の時代、セールスは厳しいものだったが、根気よくセミナー(勉強会)を開催し、販路を拡げた。

もっと説得力のあるものにしないとITの話を聞いてくれないのでは無いか?

当時若かった長尾社長はこう悩んだ。セミナーの受講者は年配者が多かったことから、ITのことを話したところであまり心に突き刺さっている感触が無かったと云う。そこで、「孫子に学ぶIT活用」と称し、孫子の兵法と現在のビジネスに織り交ぜた内容にシフトチェンジする。それが功を奏し、今では有名女優を起用したテレビCMを打つほどにまで成長拡大し、確固たる地位を築いている。

サービスの料金は上げない

同社が提供している営業支援・情報共有ツール「SFA」は、企業にとってかなり便利なシステムと言える。導入している会社と導入していない会社とでは、生産性が大きく乖離するだろう。それを月額3,500円~という安価で提供している。1日当たり100円ほどで様々な業務支援を受けられるという事になる。
さらに、毎月何かしらの機能を無料でアップデートしているというのだから驚きである。何故そんな事が出来るのか? それは、同社にシステムエンジニアがおり、すべて内製化しているからである。
グループウェア「NI Collabo 360」に至っては月額360円なので、もう他社が追いつけない領域ではないだろうか。

本来であれば1,000円くらいのオプション料を取ってもいいくらいの機能をどうやって無料で提供できるかを常に考えている。

と長尾社長は話す。
SFAの機能の一つ、マッピングアシスト機能はかなり秀逸である。本日の訪問先や明日の訪問予定先、現在地の近隣にある顧客、ターゲットリストで指定した顧客を、スマホやタブレットの地図上にプロットしてお知らせしてくれるというもの。電子秘書(アシスタント)が訪問予定先を地図に表示してくれることで訪問準備の手間が省け、効率の良い営業活動が出来る。また、GPSを利用して現在地周辺の顧客を地図表示することで、空き時間を活用した“ついで訪問”もアシストしてくれる。
最近アップデートされたのが、デバイス上の地図を指で丸を描くとその円の中にいる顧客情報が出てくるというものである。

過去の苦労

「今まで大きな失敗や苦労をしたことはありますか?」との筆者の問いに長尾社長は間髪入れず、

今までそんなに苦労したことは無い

と話す。たった1人での起業からスタートを切った長尾社長には、すべての出来事が試練であり、それが経営者としての礎を築いてきたからこそ苦労と思ったことは無いのである。
そんな長尾社長が過去の苦労を強いて挙げるとすれば、「人の問題」だと云う。
問題を起こす社員や仕事の出来ない社員など様々で、教育が要であるとのこと。
同社は「経営コンサルタント養成講座」という勉強会を定期的に開催。長尾社長が自ら講師となり、本社に限らず各営業所のメンバーもZOOMで受講し、従業員全体のスキルアップを図っている。

 

今後の展望

2021年12月現在、同社のクライアント数は約8,300社であり、それだけでも驚異的な数字であるが、長尾社長は

「日本にはまだまだ会社がある。どんどん顧客を増やしてまだまだ料金を安くしていきたい。」

と話す。マンパワーを必要とするコンサルティングでは限界があるが、ITではそれが可能なのだと云う。世間的には「システムは高い」というイメージが定着しているが、長尾社長はその印象を打破すべくローコストのシステム開発に励んでいる。

目標クライアント数は40万社。

こう宣言する長尾社長のその数字の根拠は、日本で真っ当に活動している会社が約120万社と仮定し、その三分の一にあたる40万社は顧客として取り込めるだろうという算段である。
「絶対に40万社いける」、「次にリリースするシステム、機能は大当たりする」と、長尾社長は終始前向き思考で話しており、筆者も自然とそのマインドになっていた。
トップに立つ人がポジティブであれば、その従業員も前向きになれるし企業は発展するのだと今回の対談で確信した。

株式会社NIコンサルティング 代表取締役 長尾一洋のオフィシャルサイトです。
https://www.kazuhiro-nagao.com/

講演依頼【講演依頼.com】
https://www.kouenirai.com/profile/1423

主要著書/ダイヤモンド・オンライン
https://diamond.jp/ud/authors/5f4fab6977656103b9000000

 

MORE INTERVIEW

  1. 原 玲奈【はら れな】

    原 玲奈【はら れな】

    2020.9.4第6回目の対談ゲストは、イスラエルの良さを日本に伝える活動を行っている原玲奈さん。原玲奈さん(以後、原さんと記す)と…

    原 玲奈【はら れな】
  2. 白鳥美子【しらとり よしこ】

    白鳥美子【しらとり よしこ】

    2021.12.14第11回目の対談ゲストは、フリーランスのライター。構成作家として活躍する白鳥美子さん(以降、白鳥氏と記す)。主婦…

    白鳥美子【しらとり よしこ】
  3. 出原秀昭【いずはら ひであき】

    出原秀昭【いずはら ひであき】

    2022.2.26第12回目の対談ゲストは、貝塚市議会議員の出原秀昭さん。出原秀昭さん(以後、出原さんと記す)は1971年1月1…

    出原秀昭【いずはら ひであき】
  4. 望野和美【もちの かずみ】

    望野和美【もちの かずみ】

    2020.7.8第4回目の対談ゲストは広告業界42年。ウェブ時代の消費者行動モデルAISCEAS(アイセアス)の提唱者、望野和美さん(以…

    望野和美【もちの かずみ】
  5. 井上正人【いのうえ まさと】

    井上正人【いのうえ まさと】

    2020.4.7第二回目の対談ゲストは、夕陽ヶ丘法律事務所代表の井上正人さん。大阪市天王寺区上本町に事務所を構え、交通事故、相続…

    井上正人【いのうえ まさと】
  6. 黒川洋司【くろかわ ようじ】

    黒川洋司【くろかわ ようじ】

    2020.5.28第三回目の対談ゲストは、株式会社良心塾の代表取締役、黒川洋司さん。黒川洋司さん(以降、黒川社長と記す)は大阪市…

    黒川洋司【くろかわ ようじ】
  7. 中村公一【なかむらこういち】

    中村公一【なかむらこういち】

    2021.3.17第8回目の対談ゲストは、GLOBAL SUPPORT LIMITEDの代表取締役、中村公一さん(以降、中村氏と記す)。…

    中村公一【なかむらこういち】
  8. 田野雅樹【たのまさき】

    田野雅樹【たのまさき】

    2020.9.23第7回目の対談ゲストは、株式会社保研オフィスの代表取締役、田野雅樹さん。㈱保研オフィスは南大阪エリアにおける来店型…

    田野雅樹【たのまさき】
  9. 高山良二【たかやま りょうじ】

    高山良二【たかやま りょうじ】

    2021.11.24第9回目の対談ゲストは、NPO法人国際地雷処理 ・ 地域復興支援の会の代表、高山良二さん(以降、高山氏と記す)。…

    高山良二【たかやま りょうじ】
  10. 高橋勇生【たかはし ゆうき】

    高橋勇生【たかはし ゆうき】

    2020.7.17第5回目の対談ゲストは、似顔絵株式会社の代表取締役、高橋勇生(ゆうき)さん。高橋勇生さん(以降、高橋社長と記す)が…

    高橋勇生【たかはし ゆうき】
  11. 長尾一洋【ながお かずひろ】

    長尾一洋【ながお かずひろ】

    2021.12.14第10回目の対談ゲストは、株式会社NIコンサルティングの代表取締役、長尾一洋さん。㈱NIコンサルティング(以降、…

    長尾一洋【ながお かずひろ】
  12. 泉栄子【いずみ えいこ】

    泉栄子【いずみ えいこ】

    2019.12.28第一回目の対談ゲストは、開脚の女王Eikoこと泉栄子さん。開脚の女王とも呼ばれる栄子さんは、エアロビクスのインストラ…

    泉栄子【いずみ えいこ】
PAGE TOP